野球に際するお金まわりについて

Money Hand Holding Bankroll Girls February 08, 20117
Creative Commons License photo credit: stevendepolo

こんにちは、NYANKEES nishiwakiです。

今日は野球に際するお金まわりについてです。
実は結構ブラックなこの点、体験談より以下メモとして、今後の草野球をやりたい方の参考になれば幸いです。

野球というスポーツは、最初は若干お金がかかります。
ユニフォームは2万円前後、グローブ1万円前後、スパイク5000円前後、アンダーシャツや靴下など細かく揃えると総額5万円くらいはかかります。

バスケやサッカーだとここまではかかりませんね。
とは言っても剣道やゴルフなどよりはかからないとは思います。

次に把握しておきたいのは、所属しているチームによって年/月/都度で活動費が発生する点です。
またボール代や球場代などは別途とるチームもありますし、飲み会や食事代など見えないところで結構浪費が発生します。

チーム方針によりますが、我がNYANKEESでは以下の点に注意をして浪費を防ぎます。

  • 毎週の活動場所はある程度同じ場所(移動なく)にする
  • 派遣審判さんはとてもありがたい存在ですが、なるべく利用しない方向で調整する
    (そのかわり相手チームへの同意も含め、ストライクゾーンはかなり広めに→揉める事の無い様)
  • 私営系・営利色が強いグラウンドは利用しない。(大慶園やサンケイなど)
  • 試合球はネットでまとめ買い
  • まとめ払いではなく、都度払いにし意識をしない程度の金額に抑制する

他にも、食事は安い場所でとるなど、千円亭主っぷりが随所に発揮されておりますが、
野球から離れてしまうので、ここらへんで。

また、家計ほどしっかりとつける必要はありませんが、帳簿管理はしっかりと行うべきです。
これは揉め事をなくすためですし、過去の財形が把握できる点でも非常に有効です。

草野球はあくまで趣味だから、つける必要はない。
無駄な仕事を増やしてまで、管理する必要はない。

などと思われる方もいらっしゃると思いますが、人が増えてきたり、活動頻度が上がってくると、
重要度が理解できてくると思います。

予め用意されることをお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です