試合前後の流れについて

Cactus de Victoriaville
Creative Commons License photo credit: VilledeVicto

こんばんは、nishiwakiです。

本日は、試合の流れについてメモしたいと思います。

メモする理由として、試合前・試合後は何かと忙しいため、経験値がないチームなら必ずあたふたする事があると思います。
時系列に並べる事でタスクが顕在化し、どういった事を想定しておかなければならないかというのがわかりやすくなります。
新規参入チームやこれからチームを作ろうとしている方の参考になればと思います。

ここではあくまでNYANKEESにおける試合前後の流れをメモします。参考程度にご覧ください。
※各試合には相手と決める「その試合のルール」がありますので、必ずしも以下に合致するとは限りません。ご注意ください。
※箇条書き先頭の英字は主にとりまとめ役のやること、数字はメンバーのやることになります。
※時系列に並んでいるので上から順番にご覧ください。

A. その日の参加者が決まった時点で試合毎のオーダーを組み立てましょう。
B. 試合前日までに試合球を1試合につき2つ用意しましょう。
0. グラウンドにつく前に必ず飲み物、軽食を用意しましょう。
1. まずは試合開始1時間前くらいには球場付近に集合しましょう。
2. 相手のチーム及び代表を見つけて、挨拶及び試合前の確認事項(試合のルール、利用するベンチ、開始時間と終了時間、先攻/後攻決め)を済ませましょう。出来れば球場代の支払いも済ませましょう。
3. 派遣審判さんが付く試合の場合は、審判さんにも挨拶を済ませましょう。
C. 代表は球場の窓口へ行って利用の手続きを行いましょう。
2. 着替えをして、ランニング・準備体操をしましょう。
3. 場所があればキャッチボールをして肩をあたためましょう。
4. まわりに注意して、素振りやペッパー等を行いましょう。
5. 開始20分前になったら代表や監督付近へ集合し、その試合の作戦を確認しましょう。
E. メンバーへ作戦及びオーダーを共有しましょう。
F. オーダー表の発表後、スコアブックにオーダーを記入しましょう。
6. 開始10分前になったらいつでも球場に入れる様用意をしましょう
7. 球場に入る際は一礼しましょう。
G. 球場に入ったら、試合球やカウンター、ブラシ等をバックネット付近に置きましょう。
H. 相手チームの監督さんとオーダー表の交換を済ませましょう。
I. 相手チームのオーダーをスコアブックに記入しましょう。
8. 試合開始前に自分と打順が近い打者とサインの確認や、守備における連係プレー等の確認を行いましょう。
9. 試合時は積極的にボール拾い、コーチャーをやりましょう。
10. (攻撃側審判ルールの際は)打順が遠ければ審判をやりましょう。
11. スコアブックは積極的につけるようにしましょう。
12. 試合終了後は何よりも相手チームへのエールを行いましょう。
13. 積極的にトンボ掛けを行いましょう。
14.球場を出る際は一礼しましょう。
J. 試合終了後に、相手の監督さんといれば審判さんにお礼の挨拶をしましょう。
K. スコアの抜け漏れがないか確認しましょう。あればその場で相手チームの方と確認を行いましょう。
L. 自チームにおける球場代を清算しましょう。
N. 試合終了後の反省会を実施しましょう。
15. 今日の良かった点・悪かった点を皆で共有しましょう。
M. 翌週(次の活動)の連絡をしましょう。
O. チームの道具の持ち帰り分担の確認を行いましょう。
P. 帰宅後、翌週(次の活動)の連絡を行いましょう。
Q. 今日の試合結果のデータをまとめ、HPに掲載しましょう。
R. 翌週以降の活動予定を計画しましょう。(他チームとの試合の調整や練習計画等)

こう纏めてみると、かなり代表やとりまとめ役をやっている人は作業的に大変な事がわかると思います。
そこをチームでどうケアしていくのか、代表一人の負担にならない様に、メンバー一人一人が役割を分担して積極的にチームを引っ張っていく事が、長く・楽しく、いいメンバーで野球をやる秘訣だと思います。

皆さんも是非見直してみたり、改善したりしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です