草野球の審判について

こんにちは。
本日は草野球の審判について考えてみたいと思います。

■考えるポイント
派遣審判と攻撃側審判のメリット・デメリットを軸に

総論としては「お金が発生するかしないかという点が判断ポイントになる」と思います。
派遣審判を要請すれば、最低でも6000円以上費用が発生し、対戦相手と割り勘でも3000円以上をチームで捻出しなければなりません。

ただし、費用を払う以上のメリット(恩恵)はあると思います。
例として挙げると、

  • 試合を通して審判クオリティが一定
  • 人数が9名ギリギリの場合に審判を立てる必要が無い(体力面で助かり、コーチャーやスコア記入等、チームのお仕事に注力できる)
  • ジャッジが正確のため、いざこざが起きにくい(一部例外は有り)
  • 攻撃側審判の際と比較すると、試合が引き締まって見える(試合の格が上がった気がする)
  • 際どいジャッジは全て審判が判断してくれる(個人で責任を持つ必要がない)

※上記は、攻撃審判のデメリットに該当します。

などが当てはまるかと思います。

一方、攻撃側審判の場合のメリット

  • 費用面
  • 対戦投手の球筋や球種を近くで確認する事ができる
  • ストライクゾーンを広めに設定できる(ただし相手には強要できない)
  • 派遣審判の要請依頼、有事(雨天中止・交通の案内等)の際の個別連絡が不要

※上記は、派遣審判のデメリットに該当します。

が主な点かと思います。

こうしてみると、派遣審判を要請した方がメリットがある様に見えます。
金銭を支払っているので、当たり前ではありますが、やはり派遣審判の方にお世話になる方が、試合をする上ではメリットが多いですね。

また毎回利用していると、フィーリングのあう審判の方に出会えると思います。
連絡先を交換し、次回以降も予定が合えば来ていただける様にする事で、お互い良い関係を築けると思います。

ケースによって上手い活用方法を模索していきましょう。

photo by: tunnelarmr