カテゴリー別アーカイブ: 草野球TIPS

NYANKEESメンバーの草野球TIPSです

草野球チームの運用について【基礎編】

照明灯
Creative Commons License photo credit: chidorian

久しぶりのエントリーです、nishiwakiです。

今日はズバッと草野球チームの運用に関してお話をしてみたいと思います。
自チームのメンバーにも見られている事を考えると迂闊にもとい、露骨には言えないのが当たり前ですが、
気にせずにガツンと書きなぐります!
だいぶ長くなりますので、基礎編・実践編・応用編の3部作にてお届けします。
初回は、まず基礎編から。

運用で運営者(主催者)がとても神経を使う部分は下記2点が挙げられるかと思います。

  • メンバーそれぞれの野球の優先順位
  • チーム内の役割分担

ざっくり言うとこの2つに分類できるかと。

よくある事例として、、

  • 出欠のとりまとめが大変だー
  • 他の予定を優先するやつがいて困ってる
  • 特定の人間に仕事が集中している

こんな話良く聞きます。
でもこれって、結論は上手くやっていくしかないんです。
でもそれはあくまで達観であって、もっと良くなる様に・・と思うのはどの運営者も一緒。

そこでの極論となりますが、、

  • チーム運営は1人で全部やった方が楽は楽。
  • 野球のプライオリティーが低い人は、あてにしない
  • チームで一体感を持つには、何かしらの役割を与えるべき

論理矛盾が発生してますねー。
でもひとつずつは、どのチームでも的を得ているし、共感を持ってもらえると思います。

ひとつずつ解説をすると、、
「チーム運営は1人で全部やった方が楽は楽。」というのは、業務的にも精神的にもという意味です。
上手くやれる人、コミュニケーション能力の高い複数名で仕事をまわすチーム、それぞれ例外ケースはありますが、
基本一人でなんでもかんでもこなしてしまった方がチーム内にしがらみが出来ないため、楽なのです。
あの人が全部やってくれているから、このチームに所属している限りはあの人が絶対だ。となる訳です。
これがタスク分散すると、さぁ誰がイニシアティブを取るのだ?と方向性にブレが出てきたり、
俺はこんなにチームへ貢献しているのに、全く意見が通らない。。モチベーションダウンにつながります。
10年来の高校野球仲間と作った野球チームとかは別かもしれませんが、赤の他人が集まって作ったチームでは
この様な問題はかなり多く発生しているのではないでしょうか?

次に、「野球のプライオリティーが低い人は、あてにしない」ですが、デリケートですね。これ。
こういう言い方は良くないのであって、結果こうなるのが正しいと思ってください。
自分の他の趣味の方が野球より面白いと思う人間はどんなに技術力が高くても、あてにしてはだめです。
それでも、極力チームへ協力すると言うのであれば別ですが。
運営者はこの部分、個人感情を捨てて、シビアに考えなければなりません。
その人の生活の中でどれくらいの余力を充てられるのか、この見極めが肝です。
どんなに下手でも、どんなに生意気でも、9名いなければ野球が出来ないという事をしっかり考えなければなりません。
逆びけば、毎週末必ず参加できるメンバーを揃えたチームの将来は安定成長が見込めます。
まさに、9人10脚です。遅くてもいい、しっかりと前に進めるチームが一番いいのです。
チームとして野球レベルがどんなに高くても、野球をやりたい時になかなか人が集まらない、、
そんなチームではダメなのです。だって、野球をやりたいのであって、勝ちたいというのは2の次なのですから。
なので具体的な施策としては、出欠率の算定を行う事をお勧めします。(NYANKEESは出来ていませんが苦笑)

最後に「チームで一体感を持つには、何かしらの役割を与えるべき」は1番にも2番にも相反しますが。
これは逆説でやってもらう事で、責任を植え付け、かつチームとしての意識を高める事につながります。
1番2番とは相反しますと書きましたが、その逆もまた然りです。
なので、もし現状の運営に不平不満がつく人には、思い切って担当を割り振ってしまうのもありだと思います。
そうする事で、現状の運営ってこういう苦労があり、結果自分の不満って片方向での意見というのが理解してもらえます。
また、責任を負ってもらうからには、それ相応のメリットも持たせてあげなくてはいけません。
飴と鞭というと言葉が悪いですが、やはりやっていただいている部分をチームとして理解を示さねば本末転倒です。
見返りはチームによりけりですが、スタメン確約や希望ポジション、希望打順の提供、またチームへの発言権あたりでしょうか。
またやってもらう過程でコミュニケーションが必ず発生しますので、お互い分かり合えていなかった部分を補完するのにも一役買うことでしょう。(逆により険悪になるのであれば、うまがあわないので、その際はそれ相応の対応が必要です)
ここでは具体的に行う前にタスクを明確にして、この仕事は5段階評価でどれくらい重いのかという比較検討が必要となります。例として、球場予約当番と集金係では重みが違います。ここは全員納得のディティールが必要なので、メンバー全員のコンセンサスを取れる状況で決めるべきだと思います。

以上を上手くやりくりする事で運営の基礎を作る事が出来ると思います。
次回は実践編をお届けします。

野球に際するお金まわりについて

Money Hand Holding Bankroll Girls February 08, 20117
Creative Commons License photo credit: stevendepolo

こんにちは、NYANKEES nishiwakiです。

今日は野球に際するお金まわりについてです。
実は結構ブラックなこの点、体験談より以下メモとして、今後の草野球をやりたい方の参考になれば幸いです。

野球というスポーツは、最初は若干お金がかかります。
ユニフォームは2万円前後、グローブ1万円前後、スパイク5000円前後、アンダーシャツや靴下など細かく揃えると総額5万円くらいはかかります。

バスケやサッカーだとここまではかかりませんね。
とは言っても剣道やゴルフなどよりはかからないとは思います。

次に把握しておきたいのは、所属しているチームによって年/月/都度で活動費が発生する点です。
またボール代や球場代などは別途とるチームもありますし、飲み会や食事代など見えないところで結構浪費が発生します。

チーム方針によりますが、我がNYANKEESでは以下の点に注意をして浪費を防ぎます。

  • 毎週の活動場所はある程度同じ場所(移動なく)にする
  • 派遣審判さんはとてもありがたい存在ですが、なるべく利用しない方向で調整する
    (そのかわり相手チームへの同意も含め、ストライクゾーンはかなり広めに→揉める事の無い様)
  • 私営系・営利色が強いグラウンドは利用しない。(大慶園やサンケイなど)
  • 試合球はネットでまとめ買い
  • まとめ払いではなく、都度払いにし意識をしない程度の金額に抑制する

他にも、食事は安い場所でとるなど、千円亭主っぷりが随所に発揮されておりますが、
野球から離れてしまうので、ここらへんで。

また、家計ほどしっかりとつける必要はありませんが、帳簿管理はしっかりと行うべきです。
これは揉め事をなくすためですし、過去の財形が把握できる点でも非常に有効です。

草野球はあくまで趣味だから、つける必要はない。
無駄な仕事を増やしてまで、管理する必要はない。

などと思われる方もいらっしゃると思いますが、人が増えてきたり、活動頻度が上がってくると、
重要度が理解できてくると思います。

予め用意されることをお薦めします。

草野球に必要な事

Horikiri sanpo_04
Creative Commons License photo credit: ajari

こんばんは、NYANKEES nishiwakiです。
今日は、サイトの事ではなく、チーム運用に関して書いてみます。

自分は今チームの代表をやらせていただいておりますが、
その中で大事兼必要だなと感じるモノ・事があります。

それは、ズバリ。
「場所」「人」「相手」

もちろんやる気や、野球大好きさは大事です。
でもそれだけじゃ野球はできません。だって9人集まって野球ですから。
9人という個性が織り成す「人」は何よりも大事。

それに加えて、最低でも18人集まらないと試合って出来ないんです。
これって結構大変な事ですよね。だって18人の予定とその時間帯に行動可能範囲の「場所」がマッチしないと成り立たない事なんですよ。そう考えると草野球って難しい。。

そんな難しさを解消するのがチームというグループ化。
これで「相手」を探すことで、2つのグループの条件が合致すればOKに。
なので、草野球では相手探しは非常に重要なフェーズなのです。

また試合をするには「場所」が必要です。
この狭い島国の人口の10%がギュッと凝縮されたTokyoという場所で、
広い場所を必要とするグラウンドは草野球には必須です。

なので、この場所の確保が大事になってきます。
ここを多く提供している公共機関や、商売としている球場群などを確保の宛とします。

こう整理して書いてみると草野球の難しさをとても感じます。
でもそれ以上にそれを実施出来たときのやりがいや楽しさがあります!

これから草野球を始めてみよう。や、草野球チームを作ってみよう。と考えている方の参考になれば幸いですv

過去の試合の成績

台南野球場
Creative Commons License photo credit: 柏翰 / ポーハン / POHAN

こんばんは、nishiwakiです。

今日のテーマは過去の試合です。
NYANKEESは設立当初から2009年5月時点までで、なんとなんと74試合も行ってきました。
※これは小チームでスコアブックに書き残している試合のみなので、実際には+3,4ぐらいです

結構やってますねー、年間50試合を超えるチームはあるにしても、
うちのチーム平均年齢を考えると健闘してる方でしょうw

さてこれらのデータですが、やはり素人がつけているスコア。
なかなか綺麗にはつけられませんし、ところどころ欠損、抜け、間違いがあります。

そこで小チームでは現状できる限り修正をし、「NYANKEESによる記録」を一旦Webサイトへアップいたします。
その上でここのスコアが違う!などのご意見をいただければと思います。

■過去の試合成績
試合戦評 http://www.nyankees.net/game/

もちろん自チームだけでなく、対戦をしていただきましたチームの皆様からのご意見もお待ちしております。

ご連絡はこちらからお願いいたします。
NYANKEES お問い合わせフォーム

運営日記スタートです

airlie sunrise
Creative Commons License photo credit: woodleywonderworks

こんにちは、NYANKEESのnishiwakiです。

今日からNYANKEESのサイト運営に関する日記を始めます。
今回は第1回目と言うことで、まずはサイトの紹介をさせてください。

NYANKEES(よみ:ニャンキース)
http://www.nyankees.net/

千葉県浦安市を中心に活動している軟式草野球チームNYANKEESの公式サイトです。
詳しくはチームの紹介をご覧下さい。
試合の戦評や、個人成績・紹介、チーム予定チームの歩みなどを公開しています。
またメンバー専用に出欠管理や収支管理、メンバーBBSなどがあります。

NYANKY-BLOG(よみ:ニャンキーブログ)
http://blog.nyankees.net/

NYANKEESの公式ブログです。
過去利用した球場一覧や選手愛用のグッズ、草野球の豆知識などを更新していきます。

ちょっと前までは、2yankees.comというドメインでサービスを運用していましたが、
今回フルでのリニューアルということで、ドメインもnyankees.netに変更しました。

このドメインに変わってからまだ2ヶ月ちょいですが、日増しにアクセス数も伸びております!

草野球の楽しさを伝えていける内容をドンドンお届けしますので、
今後ともどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m