タグ別アーカイブ: 入団

新規入団者の迎え方

welcome fish
Creative Commons License photo credit: woodleywonderworks

こんにちは、nishiwakiです。
本日は新規入団者のチーム加入についてと、その際各メンバーがどういった役割を担うかについて書きます。

新規入団者の心情を考えると、9割以上が野球をやりたい!!の一心かと思います。
そんな中で、チームが円滑に回るように、協力をしようと心得て入団申込をする人は希少です。
※チームを作ったりした事が有る人は別かと思いますが…。

新規入団者の方にお願いしたい事として、以下を心得てもらえるとチーム全体が助かります。

「メンバーは他の皆と協力してチーム運営に尽力をする」

どのチームもHPの入団にあたっての条項として掲げているチームも多いかと思います。

しかし野球がやりたい一心で申込をした人にとっては、そんな条項は見ていないと言っても過言ではありません。むしろ全く把握していない状態で、そのチームに連絡を取ってくるケースもあります。

野球をやりたくてウズウズしているのが、新規入団者です。
そんな彼らにチーム運営に協力するんだよー って言ってみたところでわかってもらえません。
『野球をやりたい』と考えている入団希望者と、『野球をやってほしい』と考えるチームの思惑は一致しているのですが、チームでやるという行為の中には暗に「協力する」という意味を含んでいるため、結果として微妙に熱量や考え方としての違いが生まれてくるのです。
更に言えば、彼らは野球をしたくてチームに入ろうとしているのであって、チームの運営をしたいがために加入しようとしている訳ではないからです。

では、このギャップを埋めるために良い方法は無いだろうか?

話が横道に逸れますが、皆さんが入団した当初の頃を思い浮かべてみてください。
入団したてのころは右も左もわからない状況の連続です。
そんな中、気軽に気さくに声をかけてくれる既存のメンバーには救われる事でしょう。
全員が全員声をかけてくれる訳ではないですが、それでも認められたという気持ちになった事かと思います。
徐々に輪の仲にメンバーが溶け込んでくれるそのタイミングが肝心です。

そんな時に一番わかりやすく、また理解が得やすいのはメンバー各自がそのチームの決まりごとや役割を遵守・遂行している事。

新規入団の人は必ず他のメンバーに同調する・まわりに合わせるので、その時にひとつずつ決まりごとを刷りこんでいく。
わからない事があれば、適宜口頭やメールでフォローをすればOKですし、掲示板等の内輪コミュニティなどで随時コミュニケーションすれば、その人も段々と安心できます。

逆に良くないのは、新しく入ってくるメンバーに対して無関心な事。
望まれていないんじゃないか?とか、認められてないんじゃないか?とか、思ってしまう様な迎え方だけは絶対に避けたいところです。

各メンバーは気負わず、恥ずかしがらず、また面倒くさがらずにしっかりとコミュニケーションをしましょう。メンバー自らが率先してできるチームはとても良いチームです。

もう一点、ダメなケースを挙げます。
それは、終始野球の事だけを話題としてしまうこと。
その人が熱心に野球をやってくれることは良い事なのだが、始めはまわりを見れるくらいの余裕を与える形でコミュニケーションの間隔をとろう。

以上を総括すると、
頭ごなしにチームの決まりを入団希望者に押し付けるのではなく、これから仲間になるのだから、
楽しさも苦しさも喜びも、「一緒に分かち合っていこう!」「皆でやっていこう!」という気持ちを持って新しい仲間に接してもらえればと思います。

入団にあたり必要になる道具

Mobile Community
Creative Commons License photo credit: kamshots

こんばんは、nishiwaki です。

今日は草野球を始める上で、必要になるものを書き連ねてみたいと思います。
以前投稿した、 野球に際するお金まわりについて と一緒にご覧いただくと参考になると思います。

まずは野球経験者か否かで用意するものが大きく分かれます。
ゼロから草野球を始めよう!と思っている方は、事前にスポーツ用品店に行って以下のアイテムの購入を検討した方がよいと思います。

  • 【必須】練習用のユニフォーム(下)
    入団するチームの皆さんが着用されているユニフォーム(上)のデザインを見た上で、マッチするか、また色選択(白/グレー)決定した方がよいと思います。また、外側にラインが入っているものは極力避けた方が後々使い回しが出来るので、お得です。値段はピンきりですが、2000~3000円程度で購入できます。短パンやジーンズなどで参加しては絶対にいけません。
  • 【必須】ソックス
    ユニフォーム(下)をたくし上げるオールドスタイルと呼ばれる着方(イチローをイメージするとわかりやすいです)をされないのであれば、カラーは問いません。ここでは、左記着方をされない方向けにお得な情報となりますが、白ソックスが一般的ですが、黒のソックスを購入されることをお勧めします。
    理由は、一度使ってみた上で自分で経験されるのが一番わかりやすいのですが、黒は本当に汚れが目立ちにくいです。
    投手をされる方などは、白いソックスがすぐに真っ黒になってしまいます。汚れがつきにくいという訳ではないので、しっかりと洗濯することは重要ですが。笑
  • 【必須】スパイク
    まだ続くかわからないし・・・などという中途半端な気持ちでは何事も続きません。自分で自分の背中を後押しする意味でも、スパイクは最初から用意しましょう。トレーニングシューズなども良いのですが、やはり歯があるのと無いのでは、動きに差が出てきます。また、トレーニングシューズの場合、粒子の細かい砂のグラウンドの場合は非常に滑りやすく危険です。怪我のリスクを摘むためにも、スパイクは必要となります。
    もう一点、最初に買うスパイクは樹脂性の歯のスパイクを購入してください。(市販されている大半は左記の仕様です。)金属歯や替歯のものは、そもそも高価ですし草野球ではあまり必要ありません。主に人工芝のグラウンドで必要となりますが、絶対数が少ないので利用機会が少ないはずです。また金属歯の場合は、スライディングや相手選手との交錯時に怪我を負わせやすいので注意が必要です。
  • 【必須】グローブ
    入団先のチームの人が貸してくれるケースもありますが、スパイクと同様、自分のもので着実に準備をしていきましょう。希望ポジションにあわせたグラブを選択するのも良いですが、ひとまず値段が手頃なもの、且つオールラウンドモデルを選択しましょう。そして購入時には、適度にスチームをかけてもらいましょう。(店舗にスチーマーが常設されています。)堅いグローブを次第に慣らさせていく楽しみもありますが、「即興で使える道具」と考えましょう。
    最近は低価格化が進みました。探せば5000円を切るグローブもあります。予算次第だとは思いますが、10000円前後を目安に選びましょう。
  • 【必要に応じて】アンダーシャツ
    一番最初に購入するものは専門店で買う高価なものである必要はありません。ユニクロなどでもアンダーシャツ(速乾性シャツ)を購入できるので、それで構いません。日焼けを気にするのであれば、ハイネック・長袖をチョイスしましょう。後はチームユニフォームのカラーにあったものを選択しましょう。まず黒を買っておけば間違いはありません。
  • 【必要に応じて】ウィンドシャツ/ウィンドブレーカー
    冬場の野球に必須なのが、ウィンドシャツ/ウィンドブレーカー。風を通さないポリエステルの素材のものがお勧めです。思ったよりも冬場は辛い(草野球の活動場所は川っぺり等が多いため風が強い。)ため、必要以上に暖かくする事が重要です。後者は高価なため、シーズンオフに用意しておくとお得です。またサッカーのベンチコートなども非常に有用です。(プレー中は着れませんが笑)
  • 【必要に応じて】キャップ
    夏場の野球に必須なのが、キャップです。入団後にユニフォーム購入を考えると、当面は持っているベースボールキャップ等で代用しましょう。「かぶらない」という選択肢は、まずありえません。本当に日射病や熱中症の直接的な原因になりますので、必ずかぶるようにしてください。夏場は背面がメッシュ上になっているもの、冬場は生地が厚めのものが最適です。
  • 【必要に応じて】サングラス
    「格好から入る」という事ではなく、外野の守備など必要になることが何かと多いアイテムです。UVカット仕様の3000円程度のサングラスで良いので用意しておくと、フライの顔面直撃やボールを見失うなどのポカのリスクを摘むことが可能です。
  • 【不要】バット
    チームで持っている人がかならずいるので最初から購入する必要はありません。思った以上に荷物になります。自分にあったバットを使いたくても、最初のうちは我慢しましょう。
  • 【不要】ヘルメット
    草野球、特に練習などではあまり利用しません。一部の公式戦などではチームでランナー・コーチャー分が必要になることがありますが、個人で所有するものではありません。
  • 【不要】レガース、プロテクター、面
    もしもあなたが捕手として入団することが決定していても、レガース等のキャッチャー道具はチームで保有しているはずなので、買い揃える必要はありません。
  • 【不要】ベース
    河川敷などで、特に整備が行き届いていないグラウンドではベースが無いこともしばしばありますが、これについても入団先にチームで用意しているはずなので、あなたが特に買い揃える必要はありません。

以上が野球を最初から始める方向けの内容となります。
経験者の方は、特に新しく買い揃えるものは無いかと思いますので、チームに慣れた上でのユニフォームの購入経費だけ念頭に置いておけば問題はないと思います。

それ以外では活動場所までの交通手段として、車/自転車/バイク/電車か、相乗りさせてもらう事になるかと思います。
道具と言えるかは微妙ですが、念のため。

また、活動終了後のコールドスプレーや、汗ふきタオル、清涼剤などの医薬部外品も必要な経費となります。
ここらへんも忘れずに用意しておきましょう。