タグ別アーカイブ: 基本編

草野球チームの運用について【基本編】

BASIC tutorial, National Museum of Computing, Bletchley Park, UK.jpg
Creative Commons License photo credit: gruntzooki

こんにちは、nishiwakiです。
本日は前回の「草野球チームの運用について【基礎編】」に引き続き、【基本編】をお届けします。

一概に草野球と言っても運用はチームそれぞれ違います。
年間を通じて活動回数が3回のチームもあれば、毎週末ダブルヘッダーをこなす様なチームまでさまざまです。
その中で、基本的に大事なものは、以前も話題で取り上げた「場所」「人」「相手」となります。

場所はチームで協力体制を敷き、各市区町村で団体登録or個人登録を行い、球場の確保を行います。
※各球場の取得方法は、各市区町村で申請方法が違いますので、各サイトにてご確認ください。
※当チームでも千葉県および東京都の団体登録に関する情報は、クリップしております。

場所が確保できた段階で、その確保できた日にチームに所属するメンバーがどれくらい参加できるのかを把握する必要が出てきます。
そこで便利なのが、出欠簿となります。
出欠簿はサービス自体を提供しているサイトさまがいくつかありますので、そちらを利用すると比較的便利且つ効率的にメンバーの参加率を把握することができます。

お薦めは、下記のサービスとなります。

※利用方法はそれぞれのサービス毎に違いますので、詳細は各サイトさまの説明ページを参照ください。

ある程度の人数が集まれば、自チームで練習が実施できると思います。

更に自チームで9名以上集まれば、他のチームと練習試合を設定することができます。
作りたてのチームだから、知名度がないため自分のHPで練習試合を募集しても申し込みがこない。や、他にどんなチームが活動しているのかわからない。など、最初は戸惑うと思います。そんな時は、下記の様な草野球のポータルサイト様に募集相手の書き込みをして、相手を探してみましょう。

一点注意事項となりますが、
マナーとして9名以上が必ず参加できる状態で他のチーム様へ練習試合を申し込む様にしましょう。練習試合の調整が済んだ後に、「やっぱりメンバーが足りませんので、試合出来ません。」というのは、いわゆる“ドタキャン”に該当します。あくまで草野球は皆が楽しくやるための趣味なので、最低限のマナーは守って調整をしましょう。

試合をすることで、やはり野球の楽しさがドンドンメンバーにも伝播することでしょう。
ドンドンと試合をこなしたくなり、出席率が向上し、とチームがしっかりとまわり出す様になるはずです。
ある程度活動頻度や出欠率が見定められる様になったら、私設リーグや各地域のイベント・大会などへ参加してみるのも面白いと思います。

また試合をすることで、試合の個人成績やチーム成績なども管理できると、メンバー間でもモチベーションのアップにつながります。運営する人は大変ですが、ただ漠然と野球をやるのではなかなかと技術力の向上につながらないのも事実です。成績管理もしっかりと行えるチームへシフトしていきましょう。

成績管理もWeb上で出来てしまう便利なサイト様の紹介です。

ゆくゆくは自チームでHPなども持ち、成績管理なども行えると素晴らしいチームになること間違いなしです!
基本はこの流れでしっかりと試合をこなし、活動回数を増やし、チーム力の向上に努めましょう。

次回は、応用編をお届けします。乞うご期待!