試合成立定義

当チームの実施する試合でも公式戦に準じたルールをもって成立定義とする。
※本件にて「試合」と呼称する対象は、「練習試合」の意
※公式戦に関しては、その大会運営のルールに則るものとする

本ルール導入の背景

これからチームは多くの公式戦を戦っていく状況下で、公式戦に即した戦い方を身につけるためである。また常に一定の条件下でのルールに意識を慣らすためでもある。
.

  • 11人以上で打線を組んだ試合に関しては成立試合としてカウントしない
  • 各イニングの裏のアウトカウントが3死となった時点で、そのイニングが成立するものとする
  • プレーボールより1時間以上が経過した試合のみ成立とする
  • 両チームの攻守3イニングが成立していない試合は不成立とする(コールドゲーム、天候・天災等の要因に関する成立条件は除外)

上記の項目内容を満たした場合、試合成績及び個人成績として掲載する。

成績反映について

  • 試合成立条件下で相手チームから掲載不可と申し出があった場合は、自チーム内でのみ試合結果として広報するが、HP上では掲載しない(先方の理由如何ではこのとおりでない)
  • チーム内で実施する紅白戦・ミニゲーム等は、試合結果としては記録するが、個人成績には反映しない
  • 助っ人や他チームのプレーヤーが4名以上ナインとして出場した(途中交代含む)試合は、個人成績・試合結果共に記録・反映しない

以下は都度判断となる条件

  • 1時間以内で試合が終了した場合
  • 3回までにコールド(大差)の可能性を含む場合
  • 定義条件を満たさずで発生した有事の際(怪我・球場の使用禁止・天災)

最終更新日:2010/05/13
前回更新日:2009/08/14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です