自責点・失点定義

以下wikipedia引用
自責点は、安打、犠飛、犠打、刺殺、四死球(故意四球を含む)、暴投、ボーク、野手選択、盗塁によって進塁した走者が得点したときに記録される。
野手(投手自身も含む)の失策、捕逸、打撃妨害、走塁妨害によって出塁した走者、ファウルフライに対して失策があった後に安打などで出塁した走者、失策がなければアウトになったはずの走者が得点した場合は、自責点とならない。
失策、捕逸、打撃妨害、走塁妨害によって進塁した走者が得点した場合は、これら守備側のミスがなくても得点ができたと記録員が判断したときに限って自責点となる。

基本このルールに則って、スコアは記入する。
草野球では公式審判員が不在のため、認識齟齬が出やすい状況である。
そのため、自責点に関しては一律下記と定める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です